ご挨拶

医療法人湘山会 眼科三宅病院 理事長 三宅 謙作

最新の眼科医療を患者様にとって
もっとも快適な手段と環境で
提供すること。

医療法人湘山会 眼科三宅病院 理事長
三宅 謙作  Kensaku Miyake

2015年に新病院開設

当院は開院から60年になります。この間多くの患者様のご支持をいただき、順調に発展を遂げてまいりました。2015年に設備の刷新と耐震性の充実を図る絶好のタイミングとして新築を決断いたしました。

当院の中京地区での立ち位置

当院は中京地区では数少ない全ての眼科疾患をカバーする眼科専門病院として活動を続けてまいりました。この間、当地区の大学病院等と協力して二次、三次救急医療や角膜移植に関係するアイバンク事業などにも参加する公的な意味を含む専門病院としての機能を担当させていただいております。

病院運営のコンセプト

当院は手術を中心とした眼疾患の治療に力を注いでおり、近隣の200近い診療機関との連携を重視しております。この際当院で行わなければならない専門性の高い治療が終了したら速やかにご紹介いただいた近くのかかりつけ医を担当されている先生方のところに患者様に戻っていただくことは患者様にとっても利便性等がよいと考え、このスタイルを病院運営の中心的なコンセプトとしております。

理事長 三宅 謙作

対応している眼の病気

白内障手術は年間3,000眼余りを行い、その他緑内障、網膜硝子体疾患では糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜剥離、網膜静脈閉塞症等、全ての疾患の手術、薬物治療に対応しております。さらに近年は専門家の少ない小児眼科や神経眼科の分野に対応できる専門医師も参加し、つかれ目、眼瞼下垂などありふれた病気ながら治療の難しい病気にも対応しています。

むすび

最近の日本眼科医会の学術的研究によりますと、日本は高齢社会を迎え、視力障害の社会的コスト(負担)は甚大なものがあり、加齢が原因の眼疾患の予防、治療は社会の活動性を高めるために必須であることが判明しております。わかりやすく言えば、熟年の皆様方の活動性を改善するために眼科医療はしっかり貢献しなくてはいけないということであり、当院の大きな目的もまさにこの点に存在し、近隣医療機関の先生方と協力して総力を結集してまいります。