網膜剥離、増殖性硝子体網膜症

網膜剥離、増殖性硝子体網膜症とは?

網膜剥離について

物を見る上で重要な神経組織である網膜がその下の組織から剥がれることであり、放置すると失明する重篤な病気です。原因は、網膜に裂孔が形成されることによる裂孔原性網膜剥離(図1)と、ぶどう膜炎や様々な疾患が原因で裂孔がなくても網膜下に液体が貯留する非裂孔原性網膜剥離があります。手術治療の対象となるのは、主に裂孔原性網膜剥離です。

図1 裂孔原性網膜剥離
図1 裂孔原性網膜剥離

増殖硝子体網膜症について

網膜剥離を長期間放置していた場合や、眼内の炎症が強い症例、手術後の再剥離などでは、増殖硝子体網膜症という非常に難治な病態になることがあります。これは、網膜表面にある硝子体というゼリー状の物質を足場にして増殖膜が形成され、それが収縮すると網膜にシワができ、網膜の再接着が困難となります。通常の網膜剥離に比べると、手術成績は悪くなります。

網膜剥離の症状

症状としては、飛蚊症(ひぶんしょう)、視野欠損、視力低下などがあります。飛蚊症は、網膜下の組織である網膜色素上皮層から色素細胞が剥がれ、網膜裂孔を通って硝子体(しょうしたい:眼球中央のゼリー状の物質)中に出てくると起こる現象で、眼前に無数の蚊のような斑点が見える症状です。視野欠損は、網膜剥離が網膜の黄斑部(おうはんぶ:網膜の中心で物を見るのに重要な部位)に近づいてくると自覚する症状で、黒い幕のようなものが広がり、視野が欠ける症状です。視力低下は、網膜剥離が黄斑部に及んだり、裂孔形成時に網膜血管が破れ硝子体出血を起こしたりした場合に起こります。

主な治療法について

手術方法としては主に2種類あります。強膜内陥術と硝子体手術です。

強膜内陥術(図2)とは、原因となっている網膜裂孔に一致した強膜上に、シリコン製のスポンジ、もしくは、シリコン製のバンドを縫い付け、眼球の外側から内側に向けて隆起を作り、その隆起上に網膜裂孔をのせる方法です。なぜこの方法を行うかというと、通常網膜裂孔には眼球中央に向けての牽引が硝子体によりかかっているため、そのままだと眼球壁に再接着させることは困難です。眼球壁のほうをへこませ近づけてあげることで、網膜裂孔は眼球壁に再接着し、裂孔から網膜下に硝子体液が入り込まなくなるというわけです。そして、裂孔周囲に冷凍凝固を行い、強膜に小さな穴を作成して網膜下液を排出し、網膜裂孔を眼球壁にくっつけます。術中には網膜下液は多少残りますが、裂孔がその隆起にしっかりのり、新たな網膜下への流入がなくなれば、残った網膜下液は次第に吸収されます。術中にもしも隆起の上で裂孔が再接着していなければ、硝子体内に空気を注入し、網膜を内側から押さえつけて網膜を復位させる、ということを行うこともあります。

図2 網膜剥離に対する強膜内陥術
図2 網膜剥離に対する強膜内陥術

もう一つの硝子体手術(図3)とは、網膜を牽引し裂孔形成の原因となっている硝子体を直接切除し、牽引をなくす手術です。角膜輪部(黒目と白目の境界部分)から約3mmの位置に4か所、0.5mmくらいの穴を開け、そこから器具を入れます。中央の硝子体を切除し、特に裂孔を牽引している硝子体を念入りに切除します。眼内を空気に置き換え網膜をいったん復位させた後、裂孔周囲に網膜光凝固(レーザー)を行います。最後に眼内に特殊なガス(SF6:六フッ化硫黄ガス)を注入します。術後はうつむき姿勢や、横向きなど、裂孔が一番上になるような姿勢をして、ガスの浮力を利用して、網膜を内側から眼球壁に押さえつけるようにすると、網膜裂孔周囲に行ったレーザー凝固斑が癒着して、網膜が再接着します。眼内のガスは自然に吸収され、約2週間で房水に置き換わります。

図3 網膜剥離に対する硝子体手術
図3 網膜剥離に対する硝子体手術

すでに増殖硝子体網膜症という重症な病態になっていた場合には、網膜上や網膜下の増殖膜を徹底的に切除し、網膜のシワを伸ばします。裂孔の周囲にレーザーを行い、眼内にシリコーンオイルを充満させて手術を終了します。シリコーンオイルは、網膜がしっかりと再接着したと確認できた後、約3か月から6か月くらいで抜去する手術を行う必要があります。

関連する機器

  • 硝子体手術器械(コンステレーション)
  • 顕微鏡(リサイト)

手術後について

手術後の診察について

手術後は網膜の接着が確認されるまで、入院が必要です。入院期間は約1週間ですが、術後の経過により前後します。入院中は毎日診察を行い、経過観察をします。

退院後は、1週間以内は週2回、その後週1回、術後1か月以降は1か月ごとの通院となりますが、術後の経過により各人で異なる場合があり、詳しくは主治医に聞いてください。

手術後の経過について

黄斑部という中心視力に関わる部位がすでに剥離し、視力低下や視野狭窄をすでにきたしていた場合には、術後に網膜の再接着が得られても、視力の改善には半年から1年と長期間かかります。最終的に視力が元通りに回復しない場合があります。また、黄斑部網膜にわずかなシワが残り、変視症(物がゆがんでみえる症状)となる可能性もあります。

手術後の生活についての諸注意事項

硝子体手術で眼内にガスを入れた場合には、ガスが消失するまでうつむき、横向きなど、姿勢の制限がつきます。退院時点である程度ガスが残った状態であることが多いですが、ガスが残存している状態で、飛行機など気圧の低い場所に行くと、眼内のガスが膨張し眼圧が極端に高くなる危険がありますので、注意が必要です。術後に飛行機に乗る可能性のある方は、主治医に相談してください。

医師からのメッセージ

網膜剥離は失明につながりかねない重篤な疾患です。少しでもよりよい視力や視野が保てるようにしっかりと治療をしていきましょう。