HOME > 眼科三宅病院の紹介

眼科三宅病院の紹介

眼科三宅病院について

昭和52年に白内障患者に対する眼内レンズ移植術を他の病院に先駆けて着手し、実績を重ねてきました。白内障・眼内レンズ移植術は年間約3,000例で、 またその他、糖尿病網膜症、緑内障、網膜剥離など眼科領域におけるすべての手術・治療を実施している眼科専門病院です。 当院理事長は、国際眼内レンズ学会元会長で、特に眼内レンズ移植に関する手術、手技、合併症の研究を重ね、この分野の世界的権威でもあります。

眼科三宅病院 概要

理事長 三宅 謙作
院 長 太田 一郎
副院長 三宅 豪一郎
病床数 48床
常勤医師 12名
総従業員数 120名
設立 昭和28年 / 昭和52年現名称に改組

担当医師紹介

当院では12人の医師により充実した外来診療を行なっています。

実績紹介

眼科三宅病院での実績の紹介をいたします。

PageUp