最新機器のご紹介

機器に対するポリシー

当院の「世界の医療を一人の患者様へ」という理念を下に学会や関係者から新しい情報を取り入れ、現状と今後の医療方針などを含め最新機器の導入を検討しています。

検査機器

オプトス

オプトス
対象疾患・手術
眼底疾患全般
特徴
網膜の広範囲(80%)を撮影でき、眼底周辺病変の診断に役立てています。

HRA

HRA
対象疾患・手術
加齢黄斑変性・中心性網膜炎
特徴
網膜・脈絡膜の細部を高コントラストの高解像画像で表わします。主に蛍光眼底造影検査(FAG/ICG)で使用しています。

レーザースペックル

レーザースペックル
対象疾患・手術
視神経疾患・緑内障
特徴
網膜の血流を測定し、眼底疾患との関連性を調べます。

IOLマスター

IOLマスター
対象疾患・手術
白内障
特徴
眼軸(目の長さ)、角膜曲率半径(角膜の長さ)を測定し眼内レンズの度数を決めます。

OCT

OCT
対象疾患・手術
黄斑疾患・緑内障
特徴
網膜(黄斑)を断層撮影し視力低下の原因を調べます。近年では緑内障の診断にも使われています。

前眼部OCT

前眼部OCT
対象疾患・手術
緑内障・角膜疾患
特徴
前眼部(角膜・隅角)を立体的に撮影します。

手術設備

インフィニティ(超音波乳化吸引装置)

インフィニティ(超音波乳化吸引装置)
対象疾患・手術
白内障
特徴
白内障/眼内レンズ挿入術を施行する為の装置です。

コンステレーション

コンステレーション
対象疾患・手術
白内障・網膜剥離や硝子体出血など
特徴
一台で白内障手術と網膜剥離や硝子体出血などの網膜硝子体手術を行うことができます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー
対象疾患・手術
眼瞼下垂、皮膚弛緩症、内反症など
特徴
炭酸ガスレーザーは凝固、止血をしながら組織を切開することができるため、術中術後の出血や腫れが少ないことが特徴です。